読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベランダのレビュー~!

評判
古いベランダのウレタン防水のトップコートとして使用しました。商品も説明書をつけて頂き解りやすく作業が出来ました。陸屋根のタケトップの上に施工しなおしました。

こちらです!

2017年01月27日 ランキング上位商品↑

ベランダ[R] 【送料無料】 タケトップ (ベランダ防水施工手引き付き) [20kg] 竹林化学工業 水性塗料 簡易防水塗料 骨材入り 上塗り塗料 屋上 ベランダ コン

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

今後使用感が良く、この家に住み続けていて、値上がりしなければリピします。たぶん1回目の塗りも塗りやすかったでしょう。約30年経過したコンクリートのベランダに使用。かなり硬いです、強靭な防水塗膜ができそうです。初めてのことで不安でいっぱいでしたがなんとか上手にできました一番大変だったのはふたを開けること女性では難しかったので!男性の方がいいかもしれません電動ドリルに取り付けるペイントミキサーを買っていて正解でした上手にするコツは3点1.下準備コケやほこりをていねいに取り除きクラックは処理しておくこと2.養生テープをていねいにはること3.撹拌をていねいにすること ペイントミキサーが便利です塗料に余裕があったので3回塗りました送料込みでこのお値段は安いと思います定期的にお世話になると思います本当にやって良かったです写真は施工前と塗りたて翌日です雨漏り修理のため大量に買いました!意外と安く手に入れたと思ってます。防水シートはがしから入り!状態の悪いコンクリートに下地を二度塗りしタケトップを塗りました。長年の風化・劣化で凹凸がある床を下地調整無しで塗ったら1度塗りで使い切ってしまいました。ともあれ老朽化が進んだベランダも!なんとか延命できたようなので満足しています。水性で大変施工しやすいです。2度塗りの為、追加購入致します。日曜大工なので仕上がりは色むらが出ても味なので、いつものようにどんどんローラーで塗っていきました。少量の水を足しながら塗れ!臭いも無く作業性◎でした。夏場は水多めがよいです、あとはミキサーでよく練ればおkコンクリート面は水で流すか箒でよく掃けば問題なしでした。鉄筋コンクリートビルの屋上のコンクリート面の劣化防止に使っています。素人では撹拌が上手くできす!塗料がドロドロして濡れる面積が少なくなりました。前回購入してよかったので、また買いました。ビールを飲んで2時間ほど養生をして!不陸やクラック!角!塗り残しを中心に二度塗りはがんばって刷毛で塗りこみました!叩き込むように塗りました。(ありていに言えば予算の都合ですが…)水性塗料なのですが、ドロドロ(高濃度と言うのでしょうか?)としており、一般的なペンキと比べると、素人が扱うにはコツをつかむまで少々難ありでした。商品の口コミで意を決して劣化・風化のベランダに手をつけました。乾燥後は予想以上にザラザラな面質に仕上がります!転ぶと結構痛いですので!こどもの遊び場に塗布するには一考が必要かも。ベランダが簡単に綺麗になりました?(^o^)/ベランダの防水用に購入!雨漏りが止まりました。ベランダの防水塗装が劣化してきたので、色々と調べてみて思い切ってDIYで修復することに。説明書道理にすれば問題ないです。大手塗料メーカーだからと言って一概に耐久性が良いわけでは無いと思い、結局この塗料に戻ってきました。乾燥が早くて作業効率が良いのは嬉しいのですが!その分開封後は迅速に使い切る必要があります。。タケトップno400の上から塗りました。以前はN社やA社の砂骨材入りの簡易防水を使った事がありますが!値段が倍近くするのに耐久性は同等かそれ以下でした。口コミどおりのタケトップです。念の為下塗りにタケシールN400プライマーを塗りました。ですが!二度塗りの時の滑らかさはどうだww古い家なので雨漏りする前に塗ったのですが良い感じです。撹拌の仕方が肝心です。安いですし。屋上と!色んな所に使用早く晴れなれ〜♪商品の発送も早く対応して頂いき!又他社よりも安価で提供して頂いた!色の指定もしていなかった為!即電話で連絡頂きました。滑り止め効果もあるのでペンキよりいいですよ。滑り止めに砂のような骨材?が入っているので、余計に重量感があります。家族が滑らないように砂を混ぜようかと思っていましたが、タケトップは滑り止めの骨材入りで変な事をしなくて済んでありがたかったです。古いコンクリートには、のりがわるいです。配送が迅速でしたので早速施工しました。心残りはコンシーラーもすればよかったです。塗るのは粘土質なので少し大変ですが水性なので扱いは楽でした。秋のお天気と相談でただ今半分ほどですが、9月半ばに届き、必死で半分ほど仕上げ、今回台風で心配だったのですがとてもいい状況でした。DIY利用の際は!最初に道具一式を揃えて!一気に仕上げることが肝要かと感じました。埃があるともっさりします。しばらくしてから見てみると!感じよく仕上がってました。いつもやるのですが届いたら逆さまにして!角を下にしてぐるぐる両手で回します開ける直前もそうします!それでも硬かったので注意深く少しづつ水を混ぜ棒でかき回し使用しました。秋から冬にかけてあと残りをできるか不安ですが!とても心強い商品で安心しているところです。